読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 静岡パルコ店 シマブロ

島村楽器 静岡パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

Historyエレキギター担当オーダーモデルのご紹介

こんなカスタムオーダーもできるんです!

History

国内工場の高い技術力と島村楽器の厳しい検品基準で生み出されるHistoryギター。プロミュージシャンにも愛用される自慢の逸品たちですが、ギタリストたるもの「自分だけのモデルが欲しい」と一度は考えますよね?そんなご要望にもお応えしています。既存のラインナップに豊富なカラーバリエーションから選択して製作する「イージーカラーオーダー」やパーツや木材などこだわりを反映する事が出来る「カスタムオーダー」があるのですが、今回ギター担当:石田が「カスタムオーダー」を利用して自分のモデルをオーダーしたのでご紹介させていただきます。

基本になっているのはこちら、GH-LCV

GH-LCV

ヘリテイジウッドメイプルをネックとボディトップに使用し、良好なアタックを持つためリズムからリードまで万能にこなせるレギュラーラインナップ最高峰モデルです。今回は石田の好みに合わせて「別物!?」というほどスペックを変えてみました。

こちらです!

GH-LCV CTM

まずはボディからですが、トップのヘリテイジウッドメイプルは変わらず、バック材をホンジュラスマホガニーに変更しています。

GH-LCV CTM

ボディ厚を通常より約10ミリ薄くという指定をしている為、音の密度を確保する狙いからホンジュラスマホガニーにしました。バインディングは通常のホワイト+マルチプライバインディングからアバロン+ブラックパールに変えましたがこれは単純にルックスの好みですね。

次にネックです。

GH-LCV CTM

ネック材はヘリテイジウッドメイプルからホンジュラスマホガニーへ、指板はエボニーからココボロへ変更しました。中音域が強調されたサウンドが好みなので「リッチなリードサウンド」というのを狙ってみました。バインディング、ポジションマークはボディに準じています。フレットはジムダンロップ#6100ジャンボタイプ、ネックグリップは薄めのVシェイプとメタル仕様です。演奏性を高めるスムースグリップも採用しています。

GH-LCV CTM

次はヘッドについて

GH-LCV CTM

ヘッドインレイにはGH-LSVに採用しているユリのマークを入れました。マッチングヘッドで真っ白なところにこのマークが入ると非常に高級感がありますね。インレイだけ貝の色が違うのは、より目立つように製作者の方がチョイスしてくれたのだと思います。ペグは国産最高級のゴトー製510シリーズを採用し、ナットの加工精度とあいまって抜群のチューニング安定度を誇ります。

GH-LCV CTM

ハードウェア、電装系についてですが、今回あまりにも木材の仕様を変えすぎたためサウンドの変化が予測できなかった為、ピックアップなどは標準のままにしています。

GH-LCV CTM

コントロールの利便性から1ボリューム、1トーンに、ボリュームを手に届きやすい位置に変えたほか、より明瞭なサウンドを求めてピックアップカバーを外していますが大枠は変えていません。ピックアップコンデンサーは出来上がってから好みに合わせて変更しようと思っていましたが、弾いてみた感じ理想のサウンドとなっているようなのでこのまま使用しようと思います。

とマニアックな解説ばかり書きましたが付いてきていただけたでしょうか?とにかく自分の理想のギターを手に入れることが出来るHistoryカスタムオーダー、「一生モノの一本が欲しい!」という方にはオススメします!木材やパーツのチョイスに関しては細かいところまでご相談に乗らせていただきますので店頭にてエレキギター担当:石田まで声をお掛け下さい!

お問い合わせはこちらまで

島村楽器 静岡パルコ店 担当:石田純一

※お電話口で担当石田をお呼びください。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.